welcome


日干市  日干し  日干記  ♨温泉  ☀公園  リンク

”それ”は在る

全てはすでに書かれているからこそ、やりたいことをやりなさい。
やりたいこと以外、あなたはやることができない。
やってきた思考以外、あなたにはその他の何も想像することができない。
だから自由に、気楽に、人生を歩いていきなさい。

全ては書かれている。
だから心配する必要がない。あなたは失敗しない。
あなたは失敗するだろう。それも完全に書かれていることだ。
だからそれは失敗していない。全てが完全だ。
あなたが体験、経験すべきことはなんであれ、体験、経験しなければならない。
そもそも、あなたは失敗や成功する誰か、ではないのだ。
だからその事実を知りなさい。自分自身で確かめなさい。

洋服を手に入れ、幸福感と満足感を得る。
人が洋服を手に入れて感じる幸福感と満足感とは、すでに今ここにあったものなのだ。
人がものを得た時、「よし、手に入れた、もう必要はものはない」と思い、
それ以上求めるのをやめて、ただくつろぐのである。それが「在る」である。

何も考えなければ、ただ〈在る〉だけだろう。ただ、〈在る〉。それで終わりだ。
それで終わりなのだ。
それははじまりであり終わりである。
アルファでありオメガである。
それが、唯一無二の〈知ること〉なのである。

超人計画

もしもあなたがあなたの人生を、ビデオを巻き戻して再生するみたいに、
そっくりそのまま最初から、何度も何度も繰り返さなくてはいけない運命だとしたら、
あなたはそれでも、自分の選択を肯定するかしら?

良いのよ。ただその人生を心の底から肯定できれば良いだけの話よ。
でもそれが無理なとき、あなたはルサンチマンに溺れ、言葉で気持ちを捻じ曲げるわ。

今、あなたが本当にしたいことをしなさい。
言葉で言い訳するのはもうやめて、自分の願いを叶えなさい!

中島義道

わからないことだらけ、自分で考え続けるしかない

なぜ自分がいるのか? 自分は何を感じ、何を考えているのか?
絶対に死ぬ!! 自分が価値を置くものは何なのか?

自分のマイナス面を全部見て自己欺瞞を引き剥がす
そしてゼロから出発する
他人の評価は本当にくだらない、そこから解放されるだけで自分に本当の自信が持てます

生きるための経済学

仁を欲する

目的でも手段でもなく、過程、つまり、どのようにするか、の違い

勇気をもって自我をとり戻し、自己嫌悪に根拠のないことを自覚し、「大拷問者」を放逐する

自分の感覚に従い、自らを愛し、その愛を溢れさせ、生命のダイナミクスを発露させる

そうすれば進むべき道が眼前に現れる

このように生きること、このようにあることを「仁」という

仁たらんとする態度をとるなら、それはもう仁である

森田療法

「自分は気が小さい、劣等である、生まれつきで仕方がない」と行き詰まった時、はじめて道が開ける
境遇上・職業上、ぜひやらねばならぬことを仕方なしに実行する。勝てば喜び、負けても当然、悲観しない

・大工は、道具を大事にして、いつも研いでいる。神経質で悩む時間は無駄ではない

・自信とか決心とかを投げ出して、机に紙とペンを並べてにらめっこしておればよい
 1日に10分でも30分でも、なるべくたびたび机に座ればよい
 あるいは、参考書を手当たり次第開いて、わからずともデタラメに読んでおればよい
「できっこない」という「我」と、「忠告に従ってみよう」という「試みる」を、意識的に両立させたまま実行に現れることを、「従順」という

・「不即不離」 くっつくでも離れるでもなく、自在に適切な動き、駆け引きができる
相手の喜ぶときは近づき、迷惑がる時には場を外す
「親しんで狎れず、敬して遠ざからず」

・とらわれから離れられない時には、とらわれるままに任せる
自由に遠慮なく、思うままに作為し、はからい、とらわれればよい、
どしどしとらわれてゆけば、とらわれ尽くして、とらわれがなくなる
自分のあるがままを認め、自然に服従し、境遇に従順であればよい